給湯器の交換はどこに頼むのが正解?|損しない給湯器交換

給湯器の交換はどこに頼むのが正解? 絶対に損をしない給湯器交換の秘訣

給湯器を交換するうえで重要な3つをご紹介します。

  • いつ給湯器を交換するか
  • どの給湯器に交換するか
  • どこに給湯器の交換を依頼するか

このページでは給湯器の交換はどこに頼むのが正解かについて、分かりやすくご説明します。給湯器の交換を検討しているものの、どこに依頼したらいいか悩んでいるという方はぜひ参考にしてください。

 

給湯器の交換はどこに頼むのが正解か

給湯器の交換はどこに頼むのが正解か

給湯器交換の主な依頼先

  • 給湯器メーカー
  • ハウスメーカー、ガス屋、水道屋、設備屋
  • インターネット業者

給湯器交換の主な依頼先は上記のいずれかになります。多くの人は給湯器が故障してしまい、給湯器メーカーのサービスマンに「修理じゃなくて交換した方がいい」と言われて給湯器の交換を決断することになるでしょう。

ちなみに給湯器の修理は給湯器メーカーでなければ出来ませんが、給湯器の交換は多くの業者が可能です。それゆえに良い業者もいれば悪い業者も少なくありません。

 

理想は複数候補から比較すること

ハッキリ言って本記事を読んでいるあなたの地域の問題もあるので、どの選択肢を選ぶのが正解かどうかは分かりません。ただ、ハッキリと言えることは「色んな業者から現場を見てもらって見積書を貰い、比較・検討することが重要」ということです。

例えば修理の延長でメーカーサービスに交換の見積もりも貰ったとしましょう。メーカーサービスは修理ができる業者なので信頼できると思いますが、販売価格自体は他の設備屋と比較しても高額であることが多いです。

 

一方の水道屋、設備屋は価格が安いところが多いものの技術力の面で当たりはずれがあります。ネット業者に至っては価格の安さは一級品でも、世間では詐欺の相談件数が年々増えていると言われていて、非常にリスキーな選択という側面も持っています。

さすがに施工技術の良し悪しは実際に頼んでみないと分からない部分ですが、色んな業者を見ていれば「ここが信頼できそうだな」という業者は自ずと分かるはずです。それに気付くためには、複数社の候補の中から検討しなければなりません。

 

給湯器交換の理想的な流れ

給湯器のメーカーサービスに修理と交換の見積もりをもらう

多くの人は「まず修理できるかどうかを見てもらって、もし修理ができない(あるいは修理が高すぎる)となれば交換を検討する」という流れになると思います。その段階で修理に来てくれた人から、修理と交換の見積もりを貰いましょう。

給湯器メーカーは取り付け技術に関しては問題ないのですが、修理業者という立場もあって給湯器の販売に対してあまり積極的ではありません(正確に言うと積極的になれない事情があります)。交換見積もりをもらったら、その内容をベースに他業者を検討していきます。

 

水道屋、設備屋からも見積もりをもらう

次は水道屋、設備屋から見積もりをもらいます。もしお湯が使えていないのであれば一刻も早く作業してもらいたいはずなので、見積もり依頼をする時点で「複数社に見てもらっていて御社にもお願いしたい」というカタチで、もう既に他業者と比較していると話して問題ありません。

なんなら現場を見に来た業者同士がブッキングするくらいでOKです。業者側としてはそういうことに対して失礼だとは思いませんし、分かりやすくて良いと感じるくらいだと思います。

この時、お世話になったことのある業者がいるならそこにお願いするのも1つです。ガス給湯器を使用しているなら地域最大のガス会社に見積もりを貰ってもいいでしょう。

 

もし「知り合いの業者が1社もない」とか「ガス給湯器じゃない」とか「ガス会社にはちょっと頼みたくない」等の事情があるなら、その時は自治体の水道局指定業者を頼ってみてください。

住んでいる地域の水道局のホームページには、必ず指定給水装置工事事業者の一覧が掲載されているはずです。ここから適当に選んでみるのもいいでしょう。

水道局指定業者にも当たりはずれがありますが、少なくとも詐欺の被害に遭うという可能性はほぼありません。後述しているネット業者を利用する場合、まず信頼できる業者の雰囲気を知っておくに越したことはないです。

恐らく「給湯器の交換を検討していて、色んな業者から見積もりを貰っている」と伝えれば、出張見積もりを無料で行ってくれるのではないかとは思いますが、もしかするとお金が発生してしまうかもしれないので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

インターネット業者を利用する

メーカーと信頼できる業者を確保したら、次はインターネット業者の検討です。恐らくここが最安値になるのではないかと思います。

ネット業者は地域のしがらみ等がなく、給湯器本体もメーカーから直販で仕入れていることが多く、値段的にはかなり安いです。ただし素性が不明というか当たりはずれが激しいというか…。実際に「詐欺にあった」と声を上げる人も多いので注意しなくてはなりません。

 

ちなみに給湯器の交換業者に限らず、悪意を持って最初から人を騙そうとしている悪徳業者のほとんどはお客さん全員を騙そうとは思っていません。分かる人には偽物だとバレても問題ないという態度でいます。

給湯器交換で言えば「ちゃんとした業者と見比べて比較してくる人を騙すつもりはない」と言ってもいいでしょう。他と検討しない人の一部が騙されてくれればそれでいいのです。

というわけで、ネット業者だけしか見ていない場合は多少のリスクがありますが、メーカーや水道屋を見てからネット業者の振る舞いを見ていれば、それが本物かどうかは素人でも判別可能なはずです。

 

給湯器交換が可能なネット業者の探し方

給湯器交換が可能なネット業者の探し方

最低でも施工不備を保証してくれる業者

給湯器交換を依頼するネット業者の探し方ですが、インターネットで「給湯器交換業者 おすすめ」と検索してはいけません。いけないことはないんですが、おすすめランキングを見せられて終わりです。恐らく正〇屋とか湯ド〇ターとかキ〇ライサーが紹介されていることでしょう。

今のインターネット上で本物の評判や口コミを探すことはほぼ不可能です。それを知ったうえで最低でも「施工に問題があった場合は責任を取ってくれるかどうか」を明確にしている業者に依頼しましょう。

給湯器の場合は施工が悪くて新品の給湯器が壊れてしまうことがあります。その時は施工した人間が責任を取るのが当然なのですが、その当然なことが出来ない業者も少なくありません。なので最低でも工事保証を付けてくれる業者を選択するべきです。

 

「修理もお任せください」という業者は警戒すべし

上の方でも書きましたが、給湯器の修理ができるのはメーカーからメンテナンスを委託されているサービス認定ショップだけです。しかしネット上を探していると、あたかも給湯器の修理ができる風な業者がたくさん出てきます。

全部が全部そうではないでしょうが、中には「修理ができる感じを装って、修理依頼をしてきたお客さんに『もう買い替え時期ですね』みたいなことを言って交換する方向に話を持っていく」ということをする業者が少なくありません。

 

「(修理はできないけど)とりあえず弊社に見せてください」という業者は、ただ新しい給湯器を売り付けたいだけです。こういう業者は安さに自信があるからまずは話がしたいと考えているのかもしれませんが、そういう業者を信頼できますか?

とにかく安い業者に依頼したいというのであれば、こういう業者を頼るのも1つでしょうが、個人的には誠実さを感じないのであまりおすすめしません。

 

「じゃあどこに頼めばいいの?」と思う人は、関東エリア・関西エリアでのみ活動している住宅設備直販センターいえすとをおすすめします。関東地域か関西地域に住んでいる人限定にはなりますが、施工実績もあって値段もかなり安い業者です。

出張料も無料で見積もりを出してくれるので、比較・検討する施工業者の1つに加えてみてはいかがでしょうか?

 

 

給湯器の交換はどこに頼むのが正解かのまとめ

本記事のまとめ

  • 複数社から検討するのが鉄則
  • メーカー、水道局指定業者の2つは確保したうえで色んな業者を検討

 

メーカーサービスからしか見積もりを貰わなかった場合、他の業者の値段を知ってしまったら損をした気持ちになってしまうのではないかと思います。一方でネット業者には本物と偽物がいるので、他のちゃんとした業者を見ていなければ素人には判断が難しいのも事実です。

ここにガス会社や水道局指定業者をいれることで、少なくとも詐欺を働くつもりはない業者を見ることができますから、後はネット上で最安値を謳っている激安業者と比べてみるのも1つではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました